お問合せ

iTero発売記念・Digital Dentistryウェブキャスト インプラント治療における口腔内スキャナーの応用と補綴のデジタルワークフロー【講師: 本間 輝章 先生】

2020.06.21

iTero発売記念・Digital Dentistryウェブキャスト インプラント治療における口腔内スキャナーの応用と補綴のデジタルワークフロー【講師: 本間 輝章 先生】

  1. スキャナー
  2. オンライン
  3. 過去のセミナー

【概要】

歯科インプラント治療において、インプラントレベルの印象法は、ブローネマルク・プロトコル以来普遍的に用いられている方法です。この従来法は、インプラントプラットフォームより幾度と部品の着脱を要するため、インプラント周囲の硬・軟組織の吸収を引き起こしうる上に、石膏模型や印象材により生じる誤差の可能性も懸念されるため、患者・術者への負担が大きくなります。

 

そこで、口腔内スキャナー(IOS)による光学印象、デジタルでインプラントの埋入位置が読込可能なヒーリングアバットメント、CAD/CAM、3-Dプリンタといったデジタル技術を応用することで、従来法の問題点を最小限に抑え、部品の着脱も1 回にとどめることで周囲組織の温存にも寄与し、患者・術者双方の負担が軽減できるのではないかと期待されます。

 

このウェブキャストでは、インプラント埋入から補綴に至るプロセスの中で、チェアタイムの短縮と補綴精度の向上、ひいてはインプラント治療の良好な予後に寄与しうる、iTero 口腔内スキャナーと、BellaTek Encodeヒーリングアバットメントを応用した最新デジタル技術による革新的なソリューションについて解説いたします。


【会場】

オンライン(お手持ちのPC、タブレット端末等で受講いただけます)

【受講料】

無料

【講師のご紹介】

 

 

本間先生 講師名: 本間 輝章 先生

 【略歴】

 ・2004年に日本歯科大学卒業、臨床研修医を経て(医)本間歯科勤務、1年半の臨床の後、米国ニューヨーク大学に留学。
 ・米国ニューヨーク大学総合診療科を卒業、その後インプラントペリオ科に進み、デニス ターナーに師事。
 ・2010年に帰国し再び(医)本間歯科のグループ診療所にて診療にあたる傍ら、国際学会発表、通訳、翻訳業務を行っている。

PAGETOP