お問合せ

2020.06.09

顎堤吸収への対処: 現在可能な方法について "Dealing with Ridge Deficiencies: Current Options Available"

  1. インプラント
  2. オンライン
  3. 過去のセミナー

概要

今回の講演では、顎堤吸収の再建に対処できる選択肢における長所・短所および現実的な短期・長期的予後について検討し、最善の治療結果を獲得できるよう企図された外科的手技についてご紹介いたします。 バイオタイプの回復・改善のためのオプションについてもご説明いたします。

 

内容:- 新しい材料と手技の特徴

   - 現在可能な治療法の長所・短所

   - 特性と特徴に基づく材料の選択

   - 個々の症例にあったインプラントの選択

講師:Rodrigo Neiva, DDS, MS

会場

オンライン(お手持ちのPC、タブレット端末等で受講いただけます)

受講料

無料

 

※講演は英語で行われます。

講義をご覧になる場合は、事前登録が必要となります。(講演開始後は登録ができなくなります)

講師のご紹介

 

講師名: Rodrigo Neiva, DDS, MS

【略歴】

Dr. Neivaは、ミシガン大学の歯学部で歯周病学の修士号を取得し、現在はアメリカ歯周病学会および国際口腔インプラント学会の理事を務めています。
また、米国歯科医師会フェロー、ペンシルバニア大学歯学部 歯周学科の主任教授でもあります。
長年の間、骨および軟組織の造成に関連する臨床研究や、インプラントおよび歯周治療の新技術に積極的に取り組んでいます。
歯周病学と口腔インプラント学の分野で多くの論文と書籍を執筆し、国内外で精力的に講演を行っています。

PAGETOP