お問合せ

T3インプラント

T3エクスターナルインプラント

次世代ハイブリッドデザイン

予知性の高いオッセオインテグレーションを実現

前臨床試験において、3iT3及びT3DCDインプラントサーフェイスは、従来の表面性状に比べ治癒段階を通じて高い骨結合力を示した。参考文献(以下*):1,2

 

インプラント周囲炎リスクを抑制

3iT3 インプラントは、カラー部に18年以上の臨床成績より証明された、評価の高いオッセオタイト 表面加工技術を採用。5年間の研究で、フルオッセオタイトインプラント(W酸処理加工表面)は、ハイブリッドインプラント(機械研磨表面)と同等のインプラント周囲炎や軟組織の合併症リスク抑制値を示した。*:3

5年間の複数施設におけるオッセオタイトインプラント(W酸処理加工表面)とハイブリットインプラント(機械研磨表面)周囲炎リスク比較検討

  • 前臨床試験は、必ずしも臨床成績を示すものではない
  • Zellerqvist 他「ハイブリッドインプラントとオッセオタイトインプラントの周囲炎発生率に関する5年間の先見的、多施設型、無作為対象化臨床試験」J Periodontol 誌、2010年4月

BI Scores

84% のSBIトータルスコアが0 だった
出血および炎症が確認されなかった

Probing Depths: Change from baseline(mm)

どちらのインプラントにおいても3mmより深いポケットは確認されなかった

 

7カ所の施設に登録された112人の患者に、139の対照インプラントおよび165の試験インプラントを実施(合計:304のインプラント)
オッセオタイトインプラント(W酸処理加工表面)とハイブリッドインプラント(機械研磨表面)

プライマリースタビリティー

初期の骨 - インプラント表面の接触率(IBIC)は、インプラント埋入時の安定性を得るための主因となる。*:5

外科手術用器具および 3iT3インプラントは、許容誤差を極めて少なく抑えることでプライマリースタビリティーを実現。 *:5,6

 

形成窩へ正確にフィットするインプラントボディ
デザインにより初期の骨 - インプラント接触率(IBIC)*: 4を向上

 

骨モデル内のテーパード・エクスターナルヘックスインプラント断面図

  • 機械的安定性を強化 *:5
  • 骨形成細胞の移動距離を短縮
  • 2次固定の獲得と骨結合の促進

インプラントアバットメントコネクション

特許製品Gold-Titeスクリュー表面上のゴールドコーティングがシーリング材となり締結力を増大し、アバットメントの安定性を最大化。 *:7,8
密着性が高く、耐久性に優れた接合部は、マイクロムーブメントを最小化し、潜在的な微小漏洩を軽減 *:9

 

Gold-Titeスクリュー表面上のゴールドコーティングがシーリング材となりインプラントアバットメント間の強固な嵌合を実現

* アメリカ合衆国特許商標庁(USPTO) 6287116

T3EX HEXインプラント パラメータ

(D) = Diameter (P) = Platform

テーパード・インプラント

3i T3® エクスターナル・テーパード・インプラント

 3.25mm (D)4mm (D)5mm (D)6mm (D)
8.5mm (L) BOET3285 BOET485 BOET585 BOET685
10mm (L) BOET3210 BOET410 BOET510 BOET610
11.5mm (L) BOET3211 BOET411 BOET511 BOET611
13mm (L) BOET3213 BOET413 BOET513 BOET613
15mm (L) BOET3215 BOET415 BOET515 BOET615

 

3i T3 DCD® エクスターナル・テーパード・インプラント

 3.25mm (D)4mm (D)5mm (D)6mm (D)
8.5mm (L) BNET3285 BNET485 BNET585 BNET685
10mm (L) BNET3210 BNET410 BNET510 BNET610
11.5mm (L) BNET3211 BNET411 BNET511 BNET611
13mm (L) BNET3213 BNET413 BNET513 BNET613
15mm (L) BNET3215 BNET415 BNET515 BNET615

 

パラレルウォールド・インプラント

3i T3® エクスターナル・パラレルウォールド・インプラント

 3.25mm (D)3.75mm (D)4mm (D)5mm (D)6mm (D)
6.5mm (L) BOES365 BOES3765 BOES465 BOES565 BOES665
8.5mm (L) BOES385 BOES3785 BOES485 BOES585 BOES685
10mm (L) BOES310 BOES3710 BOES410 BOES510 BOES610
11.5mm (L) BOES311 BOES3711 BOES411 BOES511 BOES611
13mm (L) BOES313 BOES3713 BOES413 BOES513 -
15mm (L) BOES315 BOES3715 BOES415 BOES515 -

 

3i T3 DCD® エクスターナル・パラレルウォールド・インプラント

 3.25mm (D)3.75mm (D)4mm (D)5mm (D)6mm (D)
6.5mm (L) BNES365 - BNES465 BNES565 BNES665
8.5mm (L) BNES385 - BNES485 BNES585 BNES685
10mm (L) BNES310 BNES3710 BNES410 BNES510 BNES610
11.5mm (L) BNES311 BNES3711 BNES411 BNES511 BNES611
13mm (L) BNES313 BNES3713 BNES413 BNES513 BNES613
15mm (L) BOES315 - BOES415 BOES515 BNES615

 

医療機器承認番号 22500BZX00234000
医療機器承認番号 22600BZX00290000

参考文献

1. Gobbato L, Arguello E, Martin IS, et al. Early bone healing around two different experimental, HA grit-blasted, and dual acid-etched titanium implant surfaces: A pilot study in rabbits. Implant Dent 2012;21:454-460.

2. Davies JE, Ajami E, Moineddin R, et al. The role of different scale ranges of surface implant topography on the stability of the bone/implant interface. Biomaterials 2013;34(14):3535-3546. Epub 2013 Feb 14.

3. Zetterqvist L, Feldman S, Rotter B, Vincenzi G, Wennström JL, Chierico A, Stach RM†, Kenealy JN†. A prospective, multicenter, randomized-controlled 5-year study of hybrid and fully etched implants for the incidence of peri-implantitis. J Periodontol. 2010 April;81:493-501.

4. Gubbi P††, Towse R††, Quantitative and qualitative characterization of various dental implant surfaces. Poster Presentation P421: European Association For Osseointegration, 20th Meeting; October 2012; Copenhagen, Denmark.

5. Meredith N. Assessment of implant stability as a prognostic determinant. Int J Prosthodont. 1998 Sep-Oct;11(5):491-501.

6. Meltzer AM†. Primary stability and initial bone-to-implant contact: The effects on immediate placement and restoration of dental implants. J Implant Reconstr Dent 2009;1(1):35-41.

7. Suttin Z††, Towse R††. Effect of abutment screw design on implant system seal performance. Presented at the European Association for Osseointegration, 20th Annual Scientific Meeting; October 2012; Copenhagen, Denmark.

8. Byrne D, Jacobs S, O’Connell B, Houston F, Claffey N. Preloads generated with repeated tightening in three types of screws used in dental implant assemblies. J. Prosthodont. 2006 May–Jun;15(3):164-171.

9. Szmukler-Moncler S, Salama H, Reingewirtz Y, et al. Timing of loading and effect of micro-motion on bone-implant interface: A review of experimental literature. J Biomed Mat Res 1998;43:192-203.

 

† Dr. Lazzara, Dr. Meltzer, Dr. Nevins and Dr. Östman have financial relationships with BIOMET 3i LLC resulting from speaking engagements, consulting engagements and other retained services.

††P. Gubbi, J Kenealy, R Stach, Z Suttin and R Towse contributed to the research while employed by BIOMET 3i LLC. References 1-4, 7 discuss the BIOMET 3i OSSEOTITE and/or NanoTite™ Implants’ dual acid-etched or DCD Technology, which is incorporated into the 3i T3 Implant.

References 5 and 6 discuss the BIOMET 3i Tapered Implant macrodesign, which is incorporated into the 3i T3 Implant.

ページトップへ戻る